便秘になると辛いものです。男女を問わず、この苦しさは誰もが経験したに違いありません。
何度もトイレに行っても解消されないとなると、便秘解消の方法で一番即効があるのは、内科の病院で浣腸をしてもらうことです。
女性にとっては男性のお医者さんに浣腸されるのは抵抗があると思いますので、頼めば女性医師から浣腸療法をしてもらうことも可能です。
でも即効性の浣腸はその時は楽になりますが、普段から便秘になりにくい食生活、運動、例えば軽い体操などを心がけることも必要です。
特に最近の女性の方は長い時間のデスクワーク、それもエアコンが効きすぎている部屋での椅子に座ってのお仕事などで、どうしてもトイレを我慢する傾向にあります。
時々は便秘以外にも、体調管理のうえからも、軽い体操などを行うことをお勧めします。
そして便秘解消の方法としまして、即効性があるからといって、薬局などで市販の浣腸薬を素人が行うことは避けましょう。
必ず解消の方法として医師の診断、意見を聞くようにしなければなりません。飲み物としましては、繊維質の野菜ジュースを毎日飲む習慣を身につけましょう。
健康で明るい生活、お仕事を目指して、体調管理には常に注意をはらうことをお勧めします。

01

新生児の便秘解消方法は何がある?

新生児であるのに、排便の回数が少ない気がするけれど、便秘になっているのかな、解消方法はあるのかな、と悩みますね。
新生児は生後1か月程度の子供のことを指しますね。この時期は母乳やミルクを飲んでいるので、うんちも柔らかめの黄土色のものが出てきます。
新生児の時期は個人差があり、何日出ないから便秘です、という基準はありません。
子どもが苦しんでいたり、機嫌が悪くなったりしなければ、その子供のペースということになります。
ですが、今までミルクや母乳を飲んだ後出ていたのに、突然全くでなくなった、1日に1回しか出ない、という場合は便秘になっている可能性があります。
新生児の便秘解消方法には、母乳やミルクの摂取量が適切かどうか確認をします。
ミルクの方が便は硬くなることがありますが、十分に栄養をとっていないと、便のかさが増えず便が出にくくなってしまいます。
特に夏の時期は、汗が出たりして水分不足になるので気を付けるようにしましょう。
この他の解消方法には、のの字にマッサージをする、おむつ替えの時に足をもって、運動をする、綿棒で刺激をする、といった方法があります。
綿棒の場合、癖になってしまうこともあるので、応急処置的に利用すると良いでしょう。

02

妊娠中の便秘解消方法は何がいい?

妊娠中は便秘になってしまうことが多く、便秘の解消方法には何があるのか考えますね。
妊娠中は、子宮が腸を圧迫する、黄体ホルモンの影響で腸のぜんどう運動を妨げる、ストレスや運動不足、といったことが原因で便秘になりがちです。
妊娠中に多い便秘の解消方法には、食べ物に気を付ける、軽い運動をする、ということがあげられます。
食べ物に関しては、食物繊維を意識します。解消方法としては、玄米ご飯を食べる、オリゴ糖やオリーブオイル、ヨーグルトをとる、野菜を多めにとるようにします。
オリーブオイルはカロリーが高いので躊躇してしまいますが、実は、体にとって良い油でもあるので、適量であれば、大丈夫です。
便の硬さを調節してくれるので、スムーズに出すことができますね。
飲み物に関しては、腸を刺激する緑茶やコーヒーなどのカフェイン類をとることができないので、白湯か、ルイボスティーを飲むと良いでしょう。
特に白湯は寝起きに飲むと効果があります。カロリーもないので、安心ですね。
運動に関しては、散歩やマタニティヨガが良いでしょう。お腹をさするのは良いですが、刺激はしないようにします。
拭き掃除やトイレ掃除など、家の掃除を丁寧に行うのも便秘の解消になります。

03

便秘の解消方法であるツボはどこ?

辛い便秘を解消するには、運動や、食生活の見直しなどの方法がありますが、ツボを押しても効果があります。
便秘解消方法であるツボはいくつかありますが、簡単に押すことができるのが、合谷と呼ばれる部分です。
合谷は手の親指と人差し指の付け根の中間にあります。へこみがある部分が合谷なので、もう片方の手でつまむように刺激します。
合谷は便秘解消の他に、頭痛や肩こり、精神的な不安にも効果があります。ストレスで、便秘が起きている場合は、合谷を押すと良いですね。
足のツボを利用した方法としては、足の三里が良いでしょう。膝の皿の部分から指4本分くらい下に下がった足の外側の骨の淵の部分にあります。
足の部分は硬いので、つまむように刺激したり、指4本を使ってぐっと押したりすると刺激が伝わりやすくなります。
即効性があるのがお腹のツボです。おへそを挟んで指3本ぐらい外側の部分に左右ある天枢と言われる部分は、内臓を活性化する働きがあります。
そのため腸の動きを正常にし、便秘だけでなく下痢にも効果を示します。天枢から、指3本下がった部分に、大巨と呼ばれる部分があります。
便が詰まっている場合は、大巨の部分が固くなっています。強くなくてよいので、ゆっくり押すようにします。

04

便秘を解消する運動方法を教えて

辛い便秘の解消方法には、生活習慣を正しくする、運動を行う、食生活を見直す、といった方法があります。
食べ物に気を配っても、それだけではなかなか便秘は解消されません。やはり、運動を行い腸を刺激し、便を排出するために腹筋を鍛える必要があります。
便秘解消方法の一つである運動では、有酸素運動であるウォーキングがあげられますが、この他に、つま先立ちやハイハイ、うつ伏せでゴロゴロする、といった方法があります。
つま先立ちをすると、ふくらはぎも上へとあがります。そうすると血液の流れが良くなり、腸が動き始めます。
おおよそ5分程度つま先立ちをすると効果が現れやすくなります。ハイハイに関しても血流が良くなるほか、腰の筋肉をしなやかにし腸を刺激することができます。
朝起きてすぐに行うと腸が活発に動き始めます。つま先立ちと同様、5分程度行うと良いでしょう。雑巾がけをしても効果があります。
うつぶせでゴロゴロとする方法は、腸に直に刺激を与えるため、比較的早くに便秘が解消されます。
うつぶせのままゴロゴロとするだけなので、テレビを見ながらでも簡単にできます。体が温まっているお風呂上りに行うと、さらに血流がよくなり便秘も改善されます。

05

関連サイトを1つ紹介

便秘を解消する方法はたくさんあります。
上記の中にあなたにピッタリの方法があれば、それでもう解決する可能性も高まるわけです。
一方で、ここだけでは伝えきれていない情報があることもたしかです。
お通じに関するサイトを1つ載せておきます。